Newsお知らせ

天井までのパーテーションを選ぶ理由とは?

コラム
2024.02.26

天井までの高さがあるパーテーションの種類

オフィス内を部屋として区切る上で欠かせないのがパーテーションです。種類はいくつもあり防音性が高いものやデザイン性の高いものなどがあります。

ここでは、天井までのパーテーションの種類を解説していきたいと思います。

天井までのパーテーションの種類や特徴を詳しく聞きたい方はこの記事を読んでくださいね。

ランマオープンタイプ

ランマとは何ぞやですが、パーテーョンの上部の高さ(2mくらい)と天井までの間に空いている開口部分の事です。開口部分があるために空気が通るのでエアコンなどを増設することは不要です。しかし、パーテーション上部がオープンなために音漏れがデメリットになります。大切な会議や打ち合わせなどには使用を避けた方が良いでしょう。

ランマクローズタイプ

ランマクローズタイプはパーテーション上部の空間が閉じられている事が特徴です。

このタイプは遮音性に優れていて、会議の話の内容が漏れ聞こえることが少なく、外からの騒音も低減できる為に会議に集中できるメリットがあります。

パーテーションの設置の際には空調、照明、消防機器を設置が必要になってくることもありますのでご注意ください。

スライド式開閉パーテーション

スライド式パーテーションは必要に応じてスペースを広げたり狭めたりできるパーテーションの事です。

イベント、勉強会、会議の大小に応じて自由に仕切ることができるフレキシビリティに優れたタイプとなっています。開放的な空間を作りたい時はパーテーションを開いておき、プライベート空間を作るのであればパーテーション閉じておきます。

設置の際はパーテーションのパネルの重量が重い為、天井の状態によっては設置できない事もあります。

パーテーションを天井まで仕切るメリット

視界や音を遮断できる

天井までのパーテーションを設置する事のより周りからの視線や音を遮ることができます。特にランマクローズタイプのパーテーションは遮音性の優れていて、オフィス内の騒音や雑音を抑える事ができるので、仕事に集中する事ができる環境を創る事ができます。

個室空間を作る事できる

仕事と休憩スペースを区切る事が出来、メリハリのある空間を演出する事ができます。

また、新たに個室空間を作りたい場合も大袈裟な工事も必要なく組み換え、増設をする事できます。

セキュリティが強化できる

天井までのパーテーションを設置する事でオフィス内のセキュリティが強化する事ができます。特に機密文書を補完するスペースは天井までのパーテーションで区切る事により、限られて人だけが管理する空間を作る事ができます。

天井までのパーテーションを設置する際の注意点

管理会社や大家さんへの確認

天井までのパーテーションを設置する際には管理会社や大家さんへの納品前の確認が必要です。パーテーションを設置する際に床や壁に穴をあける事になるので建物の構造や安全制約事項などのを把握します。 許可や指示が必要になる事があるので、事前に関係者との事前打ち合わせをする事がとても大切です。

消防法の届け出、消防設備の追加の確認

ランマクローズタイプパーテーションを設置する際、消防法に基づく届け出や消防設備の追加が必要になる事があります。非常灯、スプリンクラー、煙検知器等追加等、法規制に遵守する安全対策が重要となってきます。

空調や照明器具の追加

天井までのパーテーション設置する際にエアコンや照明の増設や移設が必要になってきます。部屋を仕切る際にエアコンの空調が届かない、照明が少なく暗くなるなどのトラブルが発生します。設置の際は位置関係を確認しながらエアコンや照明なども併せて考える必要があります。

施工の際の騒音

パーテーションを設置する際には部材の切断や壁への穴あけ等騒音を伴います。トラブルになる前にビル管理会社、近隣のテナント、社員への事前の告知を行い、騒音トラブルを防ぐ対策をする事が大切です。

搬入路の確認

納品の搬入に際してしっかり確保できているかを確認する事が大切です。特にエレベーターを使用する時にはパーテーションの部材が入るか否かを確認する事が大切です。

入らなければ階段手上げとなると見積金額も高くなってきます。

天井までのパーテーションを選ぶポイント

素材

天井までのパーテーションには大別して3つの種類があります。石膏やロックウールの入った遮音性が高いスチールパーティション、比較的安価なアルミパーティション、デザイン性の高く圧迫感が少ないガラスパーテーションがります。

カラーパターン

パーテーションの色により空間の雰囲気は大きく変わってきます。

開放感のある空間を演出したいのであれば明るめの色を選ぶといいでしょう。

ガラスパーテーションを使う事によりとても開放的な空間が演出する事ができます。

温かみのある落ち着いた空間であれば木目調の柄を選ぶとよいでしょう。

エントランスなどは外部の方やクライアント様などが数多く来社されるので会社のコーポレートカラーを使う事により強い印象を与える事ができるでしょう。

まとめ

天井まであるパーテーションは個室を作る事が簡単にできます。ランマクローズタイプのパーテーションは遮音性が高くセキュリティを強化しますが、設置の際には空調や照明に気を使わなければなりません。最寄りの消防局への事前報告も必要となります。

施工の際は、壁面や天井への穴あけが必要になり、作業の際は施工の騒音も伴います。

ビル管理会社、近隣テナント、社員などへの事前報告も不可欠となっています。

めんどうくさい事前準備がありますので、弊社にご相談いただければすべて解決いたします。

細川商店は、創業80年の経験と知識から、お客様に寄り添った快適なオフィス環境を提供します。

間仕切り工事をはじめとして、オフィスレイアウトや配線工事などまで一貫して承っています。

お気軽にお問い合わせください。



細川商店対応エリア
●阪神エリア
神戸市・尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・
猪名川町・大阪市
●北摂エリア
吹田市・高槻市・茨木市・摂津市・島本町・豊中市・池田市・箕面市・
能勢町・豊能町
●京都、奈良の一部、他