Newsお知らせ

間仕切りで解決!オフィスの防音対策

コラム
2023.09.29



オフィス環境において、音の問題は生産性に大きな影響を与えることがあります。

特に、オープンオフィスのような広い空間では、雑音や他の人々の会話が集中力を削ぐ一因となり得ます。

そのため、働く環境を整える上で防音対策は必要不可欠です。

そこで、間仕切りを活用することで、手軽かつ即効性のある防音対策が可能となります。

この記事では、オフィス内の防音を実現する方法をご紹介します。

防音の3つの要素

オフィスにおける防音対策は、遮音、吸音、防振の3つの要素があります。

これらはそれぞれ異なる機能と特性を持ち、効果的な防音を実現するためには、これらを総合的に理解し適用することが必要です。

遮音

遮音は、外部からの音や内部での音が他の空間に漏れることを防ぐことです。

遮音性の高い素材の間仕切りを使用することで、音の移動を制限します。

吸音

吸音は、音が反響しないようにすることです。

間仕切り壁の内部に吸音性の高い建材を挿入することで、音の伝わりを吸収して音を小さくします。

防振

防振は、物体や構造自体が振動することで発生する低周波の音を制御することです。

間仕切り壁に取り付けられた防振材が音の振動を絶縁させ防音します。

間仕切り(パーテーション)の遮音性能について

間仕切りやパーテーションの遮音性能は、パーテーションの素材や厚み、高さによって大きく変わります。

一般的に、遮音性能が高いパーテーションは、高密度の素材で作られており、一定の厚みと高さがあります。

さらに、遮音性能を高めるためには、パーテーションどうしの隙間が小さいこと、そして高さがある程度確保されていることが重要です。

低すぎるパーテーションでは、音が簡単に乗り越えてしまい、防音効果は薄れます。

また、パーテーションの設置方法も重要な要素となります。

しっかりと固定され、隙間なく設置することで、より高い遮音性能を発揮することができます。

間仕切りやパーテーションで母音対策するには、床から天井までの高さが必要です。

ローパーテーションやハイパーテーションでも天井までの間に空間(欄間)があいているタイプでは音が漏れてしまいます。

防音性の高い間仕切り

防音性の高い間仕切りを3つご紹介します。

間仕切り壁

間仕切り壁は、オフィス環境における堅固な防音対策の一つです。

一般的なパーテーションと比べて、間仕切り壁は厚みがあり、多くの場合遮音材を内蔵しています。

壁自体の厚さと質量があることで、音の遮断性能が非常に高くなります。

さらに、壁に用いられる素材によっては吸音性も高く、音の反響の問題も低減されます。

間仕切り壁は、通常、専門の業者によって設置されるため、隙間やひび割れが少なく、音漏れの問題も少ないです。

ただし、その分、初期コストや施工時間がかかる場合が多いです。

設置後の移動ができない点も考慮する必要がありますが、しっかりと設計と設置が行われれば、その防音性能は非常に高く、長期的な観点からもコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

スチールパーテーション

スチールパーテーションは、高い遮音性能を持っています。

スチールは密度が高く、音波の通過を効果的に阻止するため、特に低い周波数の音に対して有効です。

また、耐久性も高く、長期間同じ性能を保つことが期待できます。

一方で、スチールはアルミなどに比べると重いため、設置や移動に手間がかかります。

しかし、その重量が高い遮音性能を生む要因でもあり、特に機密性が求められる場所や、外部からの騒音が気になる環境に適しています。

ガラスパーテーション

ガラスパーテーションは、外観の美しさと開放感を提供する一方で、一般的には遮音性に劣ると考えられがちです。

しかし、近年では防音性に優れた特殊ガラスや二重ガラス、さらには遮音フィルムを内蔵したガラスパーテーションも登場しています。

特に、二重ガラスや遮音フィルムは、空気層を利用して音の振動を減少させる効果があります。

ただし、高性能な防音ガラスはコストが高くなる場合が多いため、予算とニーズをしっかりと考慮する必要があります。

まとめ

本記事では防音効果の高い間仕切りやパーテーションをご紹介しました。

それぞれの特性と設置のポイントを理解することで、オフィス環境がぐっと快適になることでしょう。

防音性能を高めるためには、間仕切りの素材や厚み、高さを選ぶだけでなく、設置方法や組み合わせも重要です。

ニーズや予算、働く人の心地よさを最優先で考えることが不可欠です。

総合的な防音対策として、遮音、吸音、防振の3要素をバランスよく取り入れることが理想ですが、間仕切り単体でもかなりの防音効果が期待できます。

特に新しいオフィス環境を設計する際や、既存のオフィス環境で音によるストレスや集中力の低下が問題になっている場合は、間仕切りでの防音対策が役立つはずです。

細川商店は、創業80年の経験と知識から、お客様に寄り添った快適なオフィス環境を提供します。

間仕切り工事をはじめとして、オフィスレイアウトや配線工事などまで一貫して承っています。

お気軽にお問い合わせください。



細川商店対応エリア
●阪神エリア
神戸市・尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・
猪名川町・大阪市
●北摂エリア
吹田市・高槻市・茨木市・摂津市・島本町・豊中市・池田市・箕面市・
能勢町・豊能町
●京都、奈良の一部、他