Newsお知らせ

間仕切りとは何か?種類、メリット、部屋を効率的に活用するテクニック

コラム
2023.09.29


間仕切りは、一つの空間を柔軟に区切ることで、生活スペースや仕事場をより効率的かつ機能的に使えるようにするための手段です。

特に、限られた空間で多機能性やプライバシーを確保したい場合、間仕切りは非常に役立ちます。

しかし、ただ闇雲に間仕切りを設置するだけでは、逆に狭く感じたり、使い勝手が悪くなる可能性もあります。

そこで、この記事では間仕切りとは何かということから、どのように使うのか、間仕切りを設置するメリットまで、幅広く解説します。

間仕切りの種類による特性や、部屋を効率的に活用するためのテクニックについても詳しくご紹介します。

ぜひ、最後までお読みいただき、オフィスをより快適に、機能的にしてみてください。

間仕切りとは?

間仕切りは、一つの空間を区切る方法として、多くの場所で用いられます。

これは家庭だけでなく、オフィスやイベントスペース、学校や公共施設などでも使われています。

オフィス環境での間仕切りは、多くの場合、プライバシーの確保や効率的な作業スペースの作成に役立ちます。

特にオープンオフィスやフリーアドレスのような、従業員が固定のデスクを持たないオフィス形態が増えている現代において、間仕切りは非常に重要な役割を果たしています。

オフィスでよく採用されるタイプは、パーテーションや仕切り壁です。

これらはしっかりと物理的に区切るため、集中力を高める効果があります。

一方で、移動が容易なタイプも人気で、業種や職種によってはプロジェクトが変わるたびに、レイアウトを変更することもあります。

最近では、デザイン性を重視した間仕切りも増えています。

会社のブランドイメージを高めるため、または従業員のモチベーションを上げる目的で、おしゃれな間仕切りが採用されるケースも少なくありません。

このように間仕切りには様々な種類があるので、従業員のニーズとオフィスの特性に合った間仕切りを選ぶことで、より効率的で快適な職場環境を作ることができるでしょう。

間仕切りと壁の違い

間仕切りと壁は、どちらも空間を区切るために使用されるものですが、その性質と用途、機能性にはいくつか違いがあります。



壁は通常、建物の構造的な一部として設計・施工されます。

そのため、非常に堅固であり、防火性、防音性、断熱性に優れています。

一方、位置を変更する場合は大規模な改修が必要になるため、レイアウトを変更する可能性がある場合は適しません。

間仕切り

間仕切りは、壁より移動が容易であるため、レイアウト変更にも柔軟な区切り手段です。

設置場所の変更や用途に応じて設置・撤去が可能です。

間仕切りは、一般的に壁を設置するよりもコストが低く、設置も簡単です。

デザインやカラーも豊富にあり、空間の雰囲気を変えることができます。

間仕切りのメリット

間仕切りは、様々な場面で空間を有効に使うために非常に便利なアイテムです。

ここでは、間仕切りの主なメリットを3つご紹介します。

レイアウト変更の柔軟性

間仕切りの最大の特徴は、レイアウト変更の際の柔軟性です。

場所や用途に応じて簡単に設置・撤去ができるため、オフィスのチーム再編などにすぐに対応できます。

プライバシーの確保

オフィスの共有スペースでは、プライバシーが気になることが多いですが、間仕切りを使用することで、一定のプライバシーと集中空間を確保できます。

部屋の装飾や雰囲気作り

間仕切りは、デザインや色、素材が多種多様にあります。

これにより、単なる機能的な要素以上に、部屋の装飾や雰囲気作りができます。

間仕切りの種類

オフィスで使用される間仕切りにはいくつか種類があり、用途やオフィス環境により適したタイプが異なります。

どの種類が最適かは、使用する空間、目的、予算などによって変わるため、慎重な選定が必要です。

以下では、それぞれの種類について詳しく解説します。

ハイパーテーション

ハイパーテーションは、基本的には床から天井まで達するような高い間仕切りのことを指します。

素材は、ガラスや木材、金属などが用いられます。

このタイプの間仕切りはプライバシーをしっかりと確保することができるほか、防音性にも優れています。

一方、パーテーションの高さからくる閉塞感や、設置・撤去が難しい点がデメリットと感じる場合もあります。

ローパーテーション

ローパーテーションは、自立した衝立を用いて空間を仕切るタイプの間仕切りです。

オフィスなどでよく用いられ、部分的なプライバシーを確保しながらも、コミュニケーションを取りやすいのがメリットです。

素材は、布、金属などがあります。

ハイパーテーションと比べて、安価かつ大きな工事を伴わずに簡易的に空間を区切れます。

ローパーテーションの高さは、設置する目的に合わせて選びます。

一般的には、着席時に視線が遮られる高さ、着席時に体全体が隠れる高さ、起立時にも体全体が隠れる高さのいずれかの基準で選ばれます。

アコーディオンパーテーション

アコーディオンパーテーションは、折りたたみ式の間仕切りであり、使用しないときにはコンパクトに収納できます。

会議室の仕切りなど一時的な空間作りに便利です。

取り扱いが容易で、必要なときだけ設置できる柔軟性があります。

可動式パーテーション

可動式パーテーションは、複数のパネルを連結しており、車輪やレールに乗せて移動させることができます。

可動式パーテーションの中でも、「スライディングウォール」と呼ばれるものは、天井に設置されたレールにパネルを吊り下げることによって、大規模な空間を区切ることができます。

高度な防音性能やプライバシー確保が可能であり、大きな会議やイベントにおいては非常に役立ちます。

部屋を効率的に活用するテクニック

ここからは、パーテーションを使用して部屋を効率的に活用するテクニックをご紹介します。

ゾーニングのコツ

パーテーションを使って効率的にゾーニングを行うためには、まずどのような目的でゾーニングを行いたいのかを明確にします。

プライバシーを重視する場合、高いパーテーションが適しています。

逆に、オープンなコミュニケーションを重視するなら、低めのパーテーションがよいでしょう。

次に、部屋全体のレイアウトと動線を考えます。

人の動線、家具の配置、自然光の入り方などを考慮して、最も効率的なゾーニングを計画します。

パーテーションの高さと幅は、その効果に直結します。

空間の広さに対して高すぎると圧迫感が出てしまう可能性がありますし、低すぎると目的に応じた効果が得られません。

空間と用途に応じて、最適なサイズを選びましょう。

色や素材での工夫

オフィスにおいて、パーテーションの色や素材は働く環境に大きく影響を与えます。

オフィスでは一般的に落ち着いた色が好まれます。

グレー、ベージュ、淡いブルーなどは集中力を高めるとされています。

一方で、全てが無彩色だと気分が沈んでしまう可能性も。

ポップな色をアクセントとして使うことで、活気を与えることができます。

来客者から見える場所は、会社のブランドカラーを取り入れることで、統一感が出てプロフェッショナルな印象を与えます。

また、素材によっても雰囲気が大きく変わります。

パーテーションの種類によっても異なりますが、主な素材は金属・布・ガラスの3つです。

スチールやアルミなどの金属製のパーテーションは、クールな印象を与えます。

耐久性も高く、長期間使う場合に適しています。

パネル部分が布製のパーテーションは、サイズやカラーのバリエーションが豊富で、空間デザインに合わせた選び方ができます。

ガラスパーテーションは、透明性があり開放感を出すことができます。

間仕切りの設置でよくある質問

オフィスに間仕切りを設置する際には、多くの疑問や懸念が浮かぶかと思います。

以下では、よくある質問に回答します。

狭いスペースでの間仕切りは可能?

狭いスペースでも効果的なゾーニングが可能ですが、逆に間仕切りによって狭さを感じやすくもあります。

配置の工夫や選ぶ素材、色によって、狭さを緩和することも可能です。

間仕切りの設置にかかる費用は?

素材やサイズ、機能によって大きく異なります。

長期的に使うものであれば、耐久性やメンテナンスの容易さも考慮に入れるべきです。

間仕切りで音は遮断できる?

遮音性能は素材によって大きく異なります。

布などの柔らかい素材は音を吸収しやすいですが、完全な遮音は難しいです。

遮音性を高めたい場合は、スチールパーテーションが優れています。

まとめ

間仕切りはただ単に空間を区切るだけでなく、配置た選び方次第で、働く環境や生活空間を大きく向上させることができます。

特に現代では、オフィス環境が多様化しているため、柔軟性と効率性が求められます。

間仕切りはニーズに応じて多くの選択肢があり、同じく空間を区切る壁と比べて簡単にレイアウトの変更も可能です。

選ぶ素材や色によっては、心地よさや集中力、さらには生産性を高めることができるでしょう。

機能性とデザイン製を両立した間仕切りを選ぶことで、より快適で有意義な時間を過ごすことができるはずです。

細川商店は、創業80年の経験と知識から、お客様に寄り添った快適なオフィス環境を提供します。

間仕切り工事をはじめとして、オフィスレイアウトや配線工事などまで一貫して承っています。

お気軽にお問い合わせください。


細川商店対応エリア
●阪神エリア
神戸市・尼崎市・西宮市・芦屋市・伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・
猪名川町・大阪市
●北摂エリア
吹田市・高槻市・茨木市・摂津市・島本町・豊中市・池田市・箕面市・
能勢町・豊能町
●京都、奈良の一部、他